この記事は約 4 分で読めます。

リフォームを行うのに、リフォーム会社はどうやって選べば良いんだろう?

凄く悩みますよね?

だって、自宅の工事を任せる会社ですし、リフォーム後のメンテナンスもお願いすることになり、末永く付き合っていかなくてはなりません。

そして、マイホームをより快適にするために安心して任せられる会社にお願いしたいですよね?

今回は、そんなリフォーム業者の選び方を考えてみたいと思います。

リフォーム会社 選び方

元リフォーム営業マンから言わせてもらうと、リフォーム工事は会社と担当者で決まります。

まず、会社は運営が成り立っているか?誠実な会社か?評判などを参考に選んでみましょう。

次に、重要なのは担当者です。

この担当者は、営業マンかもしれませんし、監督かもしれません。

私の場合は、営業監督でしたので、両方掛け持ちでした。

この担当者が、一生懸命やってくれる人だとリフォーム工事も安心です。

リフォーム会社の選ぶ方法・ポイント

とにかく、リフォーム会社を選ばなくては始まりません。

さて、リフォーム会社を知るには、どのような方法があるか考えてみます。

  • チラシ・広告
  • 訪問
  • リフォーム会社のHP
  • インターネットの専門検索サイト
  • 雑誌
  • 地元の工務店
  • 大手建築会社
  • 近所の方の口コミ

今は、情報が沢山あふれているので、様々な方法で探せます。

とにかく、色んな情報を集めて、実際に足を運んでも良いと思います。

オープンハウスなどやっていれば、実際に工事の仕上げが見れるのでオススメです。

良いリフォーム会社の担当者とは?

さっきも、書きましたがリフォームの担当者によって仕上げが変わる。

「本当?」って思う人もいると思いますが、元リフォーム営業マンから言わせもらうと本当です。

これを見抜くには、本当に難しい事です。

でも、決められる点はいくつかあります。

  • 誠実
  • 正確
  • 信頼
  • 会社でのポジション

誠実さは、凄く大切で最後まで工事を仕上げてくれます。

正確さは、見積もりなどの書き方や、工事を初めて発注や段取りを正確にしてくれます。

信頼は、職人や同僚、メーカーや問屋などから信頼があるのは、今までの工事や現場での対応が良い証拠です。
何か問題が会った時に、直ぐに動いてくれる仲間が沢山いるのは、信頼があるからです。

会社でのポジションは、何か問題があった際に、決定権や判断ができるので、知っておいた方が良いと思います。

このような事は、見積もりを取る際に、色々と話しをして情報を得て下さい。

営業マンも、お客様の情報を得ようとするので、色々と聞いたり話をしたりするのは、営業マンにも良い印象を与えるので、いい方法です。

ここだけの話、営業マンはお客様を自分の中でランク付けをしていたりします。

リフォーム会社選びの注意点

元リフォーム営業マンが教えるリフォーム会社選びの注意点

  • 他人評判で業者を決めない
  • 大手のリフォーム会社だからといって安心しない。
  • 安すぎる見積もりを出す業者には注意
  • 約束を守らない営業マンに注意
  • 飛び込みの訪問販売は注意
  • 床下や屋根の点検は注意

こんな感じです。

リフォームは、仕上げのデザインなどもセンスが問われます。
洋服と一緒で、他人の評価で業者は決めないほうが良いです。

大手のリフォーム会社も、蓋を開ければ営業マンや職人は同じです。
出来ない営業マンや職人がいたりします。
その事は、頭においておきましょう。

見積もりが安すぎるリフォーム会社は、要注意です。
余った材料や評判の悪い職人など、単価の安い方向にいきがちなので注意。

待ち合わせに遅刻したり、電話をするといってしなかったり、
簡単な約束を守れない営業マンは、契約後にほったらかしにされる可能性もあります。
言った事と違ったり後々トラブルになります。

飛び込みの訪問販売などは、昔は多かったですが、
今では信頼性がなく、やっている業者も少ないので注意。

床下や屋根の点検は、お客様が見えない場所へ行くので、
見れないことを良い事に、好き放題されます。
大げさかもしれませんが、床下では「シロアリ」や「基礎などの耐震」で恐怖をアオリます。
写真を見せられて、違う家の写真だったりする事もあります。
屋根でも、お客様が見れないので、屋根に上って瓦を割ったって見せたり、漆喰を剥がして緊急性をアオリます。

まだまだ、ありますが更新をしていきたいと思います。

まとめ

リフォームは、何と言っても良い担当者に出会う事です。

ある意味、運もあるかもしれませんが、選べる目を持つのも重要ですね。